<< 香川真司 | main | 皇太子さま、アフリカご訪問前に抱負(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<新型インフル>WHO「最悪期過ぎた」判断先送り(毎日新聞)

 【ジュネーブ伊藤智永】世界保健機関(WHO)は23日に開いた専門家による緊急委員会で、新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)が最悪期を過ぎたとする判断を先送りした。

 北半球で感染が減少している半面、最近も西アフリカで新たな発生が報告されるなど、南半球ではまだ感染拡大の可能性があるとの意見が出て、なお数週間は推移を見守る必要があると判断した。経過観察を経ても事態が悪化しなければ、改めて緊急委員会を開き、再び最悪期を超えたかどうか判定する。

 WHO執行部は、事前にフクダ事務局長特別補佐(新型インフルエンザ担当)が「最悪期脱出」認定への期待を表明するなど、緊急委員会の開催は大流行終息への第一歩と位置づけていた節がある。そのため先送りが決まると、チャン事務局長らは長時間、対応策を協議した。

【関連ニュース】
新型インフル:余るワクチン 欧米でWHO非難も
<クローズアップ2010>新型インフル、余るワクチン 「ピーク越えた」認定議論
<クローズアップ2010>新型インフル、余るワクチン 識者の話
新型インフル:ピーク過ぎたか…WHO、23日に判断
インフル:受診者数、注意報レベルを下回る 全都道府県で

27都府県、単独事業増加…国の補助事業削減で(読売新聞)
シー・シェパード妨害 第2昭南丸、横浜で見分へ 侵入船長、傷害容疑も視野(産経新聞)
鳩山首相 親が自殺した遺児と官邸で面会(毎日新聞)
国産スポーツカー盗9人を逮捕 解体しネットオークションに出品 兵庫県警(産経新聞)
<阿久根市長>差別的記述で抗議集会 竹原市長派は姿見せず(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 11:56
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
情報商材レビュー
ネイルサロン
携帯ホームページ
ネットビジネス
無料携帯ホームページ
出会いランキング
ショッピング枠現金化
selected entries
archives
recent comment
  • 介護事業所、6割超で労働条件に問題―和歌山労働局(医療介護CBニュース)
    タランチュラ (06/13)
  • 介護事業所、6割超で労働条件に問題―和歌山労働局(医療介護CBニュース)
    とろろいも (01/18)
  • 介護事業所、6割超で労働条件に問題―和歌山労働局(医療介護CBニュース)
    ガトリング白銀 (01/12)
  • 介護事業所、6割超で労働条件に問題―和歌山労働局(医療介護CBニュース)
    オリンキー (01/05)
  • 介護事業所、6割超で労働条件に問題―和歌山労働局(医療介護CBニュース)
    サキューン (12/31)
  • 介護事業所、6割超で労働条件に問題―和歌山労働局(医療介護CBニュース)
    ポリエモン (12/22)
  • 介護事業所、6割超で労働条件に問題―和歌山労働局(医療介護CBニュース)
    パイン (12/12)
  • 介護事業所、6割超で労働条件に問題―和歌山労働局(医療介護CBニュース)
    ヘッド (12/08)
  • 介護事業所、6割超で労働条件に問題―和歌山労働局(医療介護CBニュース)
    ちんたまん (12/04)
  • 介護事業所、6割超で労働条件に問題―和歌山労働局(医療介護CBニュース)
    機関棒 (11/25)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM